はじめてのトラックボール。ロジクールM570(M570t)を3ヶ月使ってみた感想

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

 それまで使っていたマウスの調子が悪くなってきたので、ネットで評判の高かったロジクールのM570(M570t)トラックボールマウスを購入して現在使っているので、感想を書いてみようと思います。
 結論から言うと、とても良い買い物をしたと思っています。今では手放せないもののひとつです。

 

一般的な評判

・マウスパッドが不要。デスク周りにスペースがなくても使える。
・通称「ごろ寝マウス」。スペースどころか、ベッドの上や膝の上でさえ使える。
・肩こりや腱鞘炎になりにくい。手首や肩が疲れない。
・マウス本体の上げ下げの動作が不要なので、ガチャガチャうるさくない。
・細かい場所のポイントは通常のマウスよりも優れる。
・逆に、線をなぞるといった動きは苦手。

購入直後 ―新しい出会い

 手首や肩が疲れないといった評判を目にして購入したトラックボールマウスでしたが、初めて使う際には慣れないせいか、やはり疲れました。
 全然使えないということはないのですが、思った場所にポイントできなかったり、クリックする際にボールを動かしてしまって違う場所をクリックしてしまったりということが、多々ありました。
 これは買って失敗だったかなと少し思いました。

購入から1週間 ―倦怠期

 上記のこともあり、しばらくはパソコンを立ち上げない日々が続きました。
 「あのマウス使うのかー」と思うと、なかなか手が伸びなかったです。
 一日一回は必ずパソコンを起動させていた私でしたが、調べ物やメールのチェックなどはすべてスマホで済ませてしまいました。
 このトラックボールの真価に、この時の私はまだ気づいていませんでした。

購入後1ヶ月 ―DTMでフォーリンラブ

 私はたまに趣味でDTM(音楽制作)をしているのですが、久しぶりに制作してみる気になって、休日にトラックボールを片手に集中して取り組みました。
 普通のマウスは捨ててしまっていたので、トラックボールを使うしかなかったのです。
 数時間が過ぎた頃、気づきました。いくら集中してやっても、全然手が疲れない。
 従来使っていたマウスであれば、ずっと使っていると、いつも手首のあたりがものすごく疲労していたのですが、トラックボールでは全くそんな症状は出ませんでした。
 その上、細かな範囲選択なども全く違和感なくサクサクこなせます。
 評判の高さの所以はこれだったのかと、納得いきました。
 この時には、私はトラックボールを愛していました。当初は「買って失敗だったかな」なんて思ってごめんなさい。懺悔します。

評判の検証

・マウスパッドが不要。デスク周りにスペースがなくても使える。
 →その通り。マウスパッドがこんなに邪魔だったのかと痛感させられた。

・通称「ごろ寝マウス」。スペースどころか、ベッドの上や膝の上でさえ使える。
 →その通り。私は寝ながらはあまり使わないが、機能性におけるポテンシャルはかなり高い。

・肩こりや腱鞘炎になりにくい。手首や肩が疲れない。
 →まさにその通り。慣れれば非常に快適。慣れるまでが問題かと思われるが、私の場合、すぐに慣れた。

・マウス本体の上げ下げの動作が不要なので、ガチャガチャうるさくない。
 →その通り。他人のマウスのガチャガチャが非常に気になるようにさえなる。

・細かい場所のポイントは通常のマウスよりも優れる。
 →恐らくその通り。実感としては、通常のマウスと比べて何ら遜色なく使えるといったところ。

・逆に、線をなぞるといった動きは苦手。
 →未検証。だが、使ってみた感じその通りだと思う。逆に、直線的な動きはトラックボールが極めて優れる。

購入後3ヶ月(現在) ―円熟期、あるいは永遠の愛

 今ではすっかり操作にも慣れ、ストレスもなく、普通に使えています。愛着もかなり湧いています。
 今、どちらを選ぶかと言われたら、間違いなくトラックボールを選ぶでしょうし、今後も使い続けていきたいと思っています。
 もう普通のマウスには戻れないなんて大袈裟なことは言いませんが、今の私にとっては、トラックボールのほうが断然に好ましいです。素晴らしい出会いでした。
 
 
・Amazonのレビューでもかなりの高評価です。

・こういうのもあります。トラックボールの老舗ケンジントン製。

あなたは自分の強みを5つ言えますか?

もし、あなたが仕事のことや人間関係で悩んでいたり、自分が何に向いているのか知りたいと思っていたりするなら、「MIIDAS(ミーダス)」で無料診断を受けてみることをおすすめします。
MIIDAS(ミーダス)とはその名の通り「見出す」。
つまり、あなたの強みを広範なデータによる精緻な分析によって見出してくれるサービスなわけです。
「ミーダス」「見出す」ダジャレですかそうですか。

自分のことなんて自分が一番わからないもの。
自分を客観視して冷静に考えるためにも、第三者によるこういった分析は非常に有用であると私は考えます。

公式サイト:
市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です