安く、贅沢に。引っ越しに伴って、揃えた家具・家電とあえて揃えなかったものたち

 友人宅に居候をさせて頂いていたので、家具や家電の類はまるで所持していないところからの新生活の始まりでした。
 持っていたものと言えば、パソコン、PS3、本、服、ギター、他こまごまとしたもの、くらいでしょうか。

 殆どまっさらな状態からのひとり暮らしの始まりです。
 進学のためにひとり暮らしを始めたときには、両親が必要であろうものを大部分において揃えてくれ、以降はそれを使い回して暮らしていたので、これは初めての自力でのひとり暮らしの立ち上げとなります。

 私は、この8畳1Kの部屋を、質素で素晴らしいユートピアにしてみせる。
 なるべくお金をかけずに、なおかつ、理想の部屋にするというのがモットーでございます。

買ったもの

冷蔵庫
 いらないかなと思ったのですが、迷った末に買いました。
 家に殆ど食べ物を置かない生活をしているのですが、それでも、これから夏が来るというのに家に冷蔵庫がないというのはいずれ困るだろうと思い、引っ越しと同時に買いました。
 1~2人暮らし向けのサイズの少し小さめのもので、オフハウスで10000円くらいでした。

洗濯機
 毎日手洗いしようかとも思ったのですが、ズボラな私がそんなことを継続できるわけないし、自力である程度のレベルまで脱水できるとも考え難かったので、買いました。
 晴れ渡った休日に、洗濯機に服をぶち込み、しかる後に干すという快感は、洗濯機なしでは味わえなかったでしょう。
 これもオフハウスで10000円くらいでした。

炊飯器
 文明が発明したものの中で、最も優れているもののうちの一つに炊飯器が挙げられると思います。
 米を入れて水を入れて、セットするだけで美味しいご飯が食べられるなんて、ズボラで面倒くさがりな私にとってこれほど素晴らしいものがあるでしょうか。
 まして、時間予約しておけば、帰ってきたときには炊きたてのご飯がすでに炊けている。ライスイズビューティフル。

電気ケトル
 やかんでお湯を沸かすのが結構好きなのですが、プロパンガスなのでガス代が心配でしたし、ガス上のやかんで湯を沸かすよりも電気ケトルのほうが時間が早く、且つ、エネルギー効率良く湯が沸かせると思って、電気ケトルの購入を検討していました。
 そんなとき、Amazonにおいて、素晴らしくやかん的なデザインのものを見つけてしまったのです。まして頗るリーズナブルなお値段でしたので、買いました。
 保温機能は付いていません。沸かしたい時に水を入れて沸かします。保温機能なんて電気代を無駄にするだけと私は考えます。

ディスプレイ
 テレビは殆ど見ないのですが、PS3は持っていたので、PC用ディスプレイの購入を検討していました。私はどうしてもダークソウル2をプレイしたかった。
 Amazonを閲覧していたところ、目に付いたのはPHILIPSのIPSディスプレイ。とにかくデザインがシンプルで、余計なものが何も付いていない。
 スピーカーが付いていないというのも朗報でした。アンプとスピーカーは持っていたので、そっちから音を出そうと思っていたからです。
 かなり安いお値段で、非常に美しいディスプレイを手に入れました。

電子レンジ
 いらないかなと思ったのですが、多くの人から「電子レンジはあったほうがいい」との助言をうるさいほど頂いていました。
 何かの雑誌で、「ニトリの電子レンジはとにかくシンプルでその分、安い」と書かれていたのを覚えていたので、最寄りのニトリで購入しました。
 いやー、便利ですよ、電子レンジは。冷蔵庫で保存しておいたものを電子レンジで温めて食べる、という家電の連携さえ発動できます。

ガスコンロ
 とにかく鶏肉を茹でたかったので、買いました。Amazonです。
 一口タイプのものです。ガスコンロって、なぜか二口のものになるとお値段がグッと上がります。私はそもそもそんなに料理をしないので、なお良かったです。
 食材の加熱処理は、殆どにおいて電子レンジに任せています。電子レンジ最強説。

シャワーヘッド
 どの物件でもそうですがもともと付いているシャワーヘッドは、おしなべて水の出が悪い。ぼたぼたぼたって感じで、全然シャンプーが流れない。ムカつく。
 従って、ホームセンターだったかニトリだったか忘れましたが、買ってきました。節水タイプの極くシンプルなものです。
 思ったようにシャンプーが流れ落ちるという素晴らしいシャワータイムが実現されております。

テーブルとチェア
 新居では、なるべく地べたに物を置かないようにしようと決めていました。掃除がしづらくなるからです。
 このスーパーズボラで、かつてのあらゆる部屋をホコリまみれにしてきた実績を持つ私ですが、新居ではなるべく部屋を綺麗に保つのだと固く心に誓っていました。
 従って、必要なのは、テーブルとチェアです。生活の殆どの時間を、テーブルを前に椅子に座って過ごすというのが私の夢でありました。
 冷蔵庫及び洗濯機を買いに行ったハードオフで出会いはありました。IKEAのテーブルにチェア2脚が付属して4200円で売っていました。それはまさに私が恋焦がれていた形をしていたので、即購入。
 あとで調べてみると、IKEAにて定価で買うと、総額20000円くらいする代物だったそうです。
 私の新生活は、オフハウスなしでは始まらなかった。

あえて買わなかったもの

カーテン
 アジア雑貨屋で買った布をたくさん所有していたので、それをカーテンレールにクリップで取り付け、カーテン代わりとしました。
 カーテン購入費用を浮かすことができたばかりか、お気に入りの柄の布を部屋に自然と飾ることができて、一石二鳥でした。

掃除機
 文明が発明したものの中で、最も醜悪な形をしているものの一つに掃除機が挙げられます。特に、長いホースみたいなのが付いているやつ。
 なんだろうか、あれは。とにかく長すぎて邪魔なのだ。使用する際にも邪魔だし、仕舞うにしても邪魔だし、いいことなんて何一つない。部屋のあちこちを掃除する際に、いちいち電源コードを抜き差ししなければならないのも煩わしい。
 もちろん、広いスペースを掃除する際には大変便利な代物であるということは、重々承知なのですが、8畳1Kの部屋を清掃するのに、あんなものは全然必要ないと私は勝手に判断しています。
 我が家の掃除は、クイックルワイパーみたいなやつのシートを使い捨ての雑巾代わりにして、ホコリを集めて掃除しています。それで充分。
 今後掃除機を買うにしても、コードレスのなるべく小型のものがいいと思っています。

棚や衣装ケース
 以前の引っ越しの際、とにかく棚が邪魔すぎました。CDや書籍を収納するための棚がたくさんあったのです。
 従って、CDや書籍を運ぶと共に、その棚も運ばなければならないと思い込んでいました。あの時は本当に邪魔だし手間だったしで、棚という存在を心から憎んだ。
 それ以降、私は全ての棚を捨てました。代わりに、ホームセンターで木板とレンガを買ってきて、適当に積み重ねて棚としています。設置場所や棚内のスペースに融通は利くし、次回の引っ越しの際に邪魔にならないし、本当に棚を捨ててよかったと心から思いました。
 全てのCDを売却した現在においては、室内に棚は不要となりました。テレビ台を上記ように木板とレンガ(発泡スチロールのやつ)で設置したくらいでしょうか。どうしても捨てられないたくさんの書籍は押入れの中に、同様のものを作って並べてあります。

 衣装ケースについても、邪魔になるなと思ったので買いませんでした。衣装ケースの何がムカつくって、奥に仕舞ってしまったものが異様に取り出しづらい。
 服は、ニトリで買ったすのこを組み合わせて簡単な棚みたいにして、そこに畳んでおいています。決して広いスペースではありませんが、量があまり多くないので、それで充分でした。
 下着や靴下などの小物類については、押入れの壁面に手提げ紙袋を固定し、そこに突っ込んでいます。

ベッド
 私は元来ベッド派なのですが、ベッドの購入は見送りました。
 理由は二つ。ベッドの設置により部屋が狭くなることと、次回の引っ越しの際に邪魔になりそうだということです。
 従って、現在、フローリングに敷布団で寝ていますが、全く不満はありません。むしろ、ベッドなんて買わなくてよかったとさえ思っています。

あなたは自分の強みを5つ言えますか?

もし、あなたが仕事のことや人間関係で悩んでいたり、自分が何に向いているのか知りたいと思っていたりするなら、「MIIDAS(ミーダス)」で無料診断を受けてみることをおすすめします。
MIIDAS(ミーダス)とはその名の通り「見出す」。
つまり、あなたの強みを広範なデータによる精緻な分析によって見出してくれるサービスなわけです。
「ミーダス」「見出す」ダジャレですかそうですか。

自分のことなんて自分が一番わからないもの。
自分を客観視して冷静に考えるためにも、第三者によるこういった分析は非常に有用であると私は考えます。

公式サイト:
市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です