【洋楽スクリーモ】保存版!おすすめバンド超絶まとめ55選!

 

FINCH

 代表曲「What It Is To Burn」はスクリーモの傑作として非常に有名だが、私はあまり好きになれなかった。何度聴いても凡庸な曲としか思えなかったのだった。そもそもスクリーモじゃないし。ファンの方には誠に申し訳ない。

 

MATCHBOOK ROMANCE

 1st「Stories & Alibis」は、スクリーモとして宣伝されていたが、私としてはスクリーモではないと思う。申し訳程度に叫び声ぽいのが入っているだけ。アーティストの意向ではなく、関係者によってスクリーモバンドに仕立て上げられた感が強い印象を私は受けた。
 だけど、アルバム自体は本当に素晴らしく、エモーショナルロックの大傑作である。マジで。


 
 さらには、妖艶な雰囲気へとガラリと作風を変えてきた2ndアルバム「monsters」は、前作以上の傑作。何度も聴いた。
 1stが外へ向かうエモーションだとすれば、2ndは内に秘めたるエモーション。どちらも素晴らしいアルバムだった。
 結局、アルバム2枚を残してバンドは解散。本当に残念。

 

MY CHEMICAL ROMANCE

 デビューアルバムをTHURSDAYのフロントマンであるジェフがプロデュースしたので、スクリーモとカテゴライズされつつあったが、スクリーモではない。
 アルバム「Three Cheers for Sweet Revenge」はエモとしては最高傑作。捨て曲なし。何度も聴いた。


 
 その後「Black Parade」の世界的大ヒットは多くの人の知るところである。2000年以降、最も成功したバンドのひとつに数えられる。

 

TAKING BACK SUNDAY

 ツインボーカルが特徴。
 傑作と呼び声高い1st「Tell All Your Friends」よりも、私はその次のアルバム「Where You Want to Be」のほうが好きである。エモの名盤。スクリーモではないけれど。


 
 YouTubeでの再生回数が異様に伸びている代表曲。3rdアルバムより。サビでガツンと来る曲って、やはりいいなぁ。

あなたは自分の強みを5つ言えますか?

もし、あなたが仕事のことや人間関係で悩んでいたり、自分が何に向いているのか知りたいと思っていたりするなら、「MIIDAS(ミーダス)」で無料診断を受けてみることをおすすめします。
MIIDAS(ミーダス)とはその名の通り「見出す」。
つまり、あなたの強みを広範なデータによる精緻な分析によって見出してくれるサービスなわけです。
「ミーダス」「見出す」ダジャレですかそうですか。

自分のことなんて自分が一番わからないもの。
自分を客観視して冷静に考えるためにも、第三者によるこういった分析は非常に有用であると私は考えます。

公式サイト:
市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です