すんげぇコスパ!PHILIPS AH-IPSパネル採用ワイドディスプレイをゲーム用で使ってみた

 引っ越しを機にディスプレイを購入しようとAmazonを眺めていたところ、「PHILIPS AH-IPSパネル採用ワイドディスプレイ」にグッと来てしまいました。これは、見つけてしまったのではないか。
 そのシンプルでスタイリッシュなデザイン。ディスプレイ面にはPHILIPSの控えめなロゴ以外に余計なものが付いていません。枠的なものも、下部にしか付いていません。
 価格もずいぶん良心的。というか、安すぎ!と私は思いました。

 ただ、気になった点が2つほどありました。
 ひとつは、PHILIPSのディスプレイなんて聞いたことがなかったということ。
 もうひとつは、IPSパネルであるということ。

 

PHILIPSという企業 ―信頼の置ける国際家電メーカー

 PHILIPSの名前は一度は聞いたことがあるとは思います。オランダの企業です。
 最近で最も有名な商品は、電気フライヤーでしょう。油を使わないで揚げ物ができるという画期的な商品で、テレビなどで頻繁に紹介されていました。

 また、男性ではPHILIPSの電気シェーバーを使っているという方もいるかもしれません。
 クラシック音楽好きなら、PHILIPSからは数々の名盤・掘り出し物がリリースされていることを知っているでしょうし、それに伴ってオーディオ関連でも評価が高いです。というか老舗です。PHILIPSのイヤホンは、偶然にも私も所有していました。
 そんなPHILIPSがディスプレイ? とは思いましたが、世界的有名企業ですし、当該ディスプレイのAmazonでの評価も高かったので、そこは気にしないことにしました。
 また、5年保証というのも大変心強いと思いました。5年保証のディスプレイなんて、他にあるでしょうか。PHILIPSの品質における自信の程が伺えます。

IPSパネルについて ―鮮やかさ、視野角の広さが最大の特徴

 私のディスプレイの主な使用目的は、PS3でのゲームと映画鑑賞です。
 液晶パネルの駆動方式には、主に、TN方式、VA方式、IPS方式とがあり、実は、IPS方式のパネルはゲーム向きではないと言われています。なぜなら、応答速度が他の方式に比べて速くしにくいという点がネックになるからです。特に私は、コンマ一秒以下の反射を要求されるFPS(『バトルフィールド4』です)をプレイするのがほぼ日課となりつつあり、そんな中で、IPSパネルを選択していいのだろうかという躊躇いがありました。
 IPSパネルは主に、色などに繊細な作業を要求されるデザイナーの方などに好んで使用されているようです。
 ただ、最近のIPSパネルは応答速度も上がってきており、「PHILIPS AH-IPSパネル採用ワイドディスプレイ」は応答速度5ms(但し、灰色→灰色)と、ゲームをするに最低限のスペックは備えているようだったので、その辺のことは許容することにしました。

 それより、IPSパネルの最大の特徴は、その映像の美しさ。他方式のパネルに比べて発色が良いので、映像が鮮やかに再現されるのです。
 そして、視野角の広さ。斜めとかから見てもちゃんと見れる! これ、私にとってはとても重要でした。正面からじゃないとちゃんと見れないってのは、なんか嫌なのです。

 というわけで、私は、「PHILIPS 27型AH-IPSパネル採用ワイドディスプレイ 274E5QHSB/11」の購入に踏み切りました。
 ゲームには23型程度が最適と言われていますが、映画をみたりすることもあるだろうしと思い、27型にしました。

使ってみた感想 ―コストパフォーマンスに優れる最高のディスプレイだぞこれは

 まさに期待通りの商品でした。現時点で不満は何もありません。私が求めていたのはまさにこれでした。
 上記で述べた期待はそのままに、不安は全て杞憂でした。
 そして、「27型」で、「IPSパネル」ディスプレイで、28000円というこの価格。IPSでこの値段は、他にはないのではないか。

 PS3でのゲームも、問題なくできています。応答速度も気になりませんし、鮮やかすぎて目が疲れるなんてこともありません。
 映画を一本見てみましたが、こちらも何の問題もありません。とても綺麗で、感動も倍増です。それは言い過ぎかもしれませんが、視野角が広いので、引っ越して間もなくの部屋の片付けをあちこち動いてしながらでも、どこでも映像が見れるというのが良いですね。
 本当に良い買い物をしたと思っています。

よくある不安や質問

 以下には、Amazonのカスタマーレビューなどで見かけた不満点や、私が購入前に不安だった点について、実際に購入して使用してみて、感じたことを紹介してみます。

・応答速度について
 応答速度は5msです。ただしこれは灰色→灰色のみにおける速度です。
 一般的にIPSパネルは、その性質から応答速度に関しては弱いと言われています。
 しかしながら、技術によってそれは克服されつつあると言っていいでしょう。IPSパネルにおいても、普通に使う分には弱点であると言われる応答速度は今や大して問題にならないです。
 応答速度1msが要求されるような、よっぽどハイスペックのPCゲームをしたいとかいうのでない限り、IPSパネルで事足ります。
 事実、私はこのディスプレイでPS3のFPSをプレイしていますが、なんの問題もありません。むしろ、画面が綺麗で感動すらしているくらいです。

・「枠が貧弱なんじゃないか」という意見
 少なくとも私はそうは思いません。しっかりしていると思います。
 設置してしまったので、あまり触れることがないからかもしれませんが、少なくとも現時点では特に気になることはありませんし、今後も気にならないだろうと思います。

・スピーカーが付いていない
 その通りで、スピーカーは内蔵されていません。
 このディスプレイだけでは音は何も出ません。別途、スピーカーやアンプを用意する必要があります。
 私は持参のアンプとスピーカーを繋げて音を出しています。そもそもそうする予定だったので、付いていなくて構わなかったのです。

・台座が不安定でグラグラする?
 これは割と多い意見なのですが、電源や色調調整ボタンなどがディスプレイの底面下部に付いているため、それを押すたびにグラグラして不安定だとのことのようです。
 たしかに、少しはグラグラすることは否めないですが、しかし、不安になるほどではありません。私がズボラなせいかもしれませんが、そう言われなければグラグラについては気付かなかったかもしれません。
 また、電源は入れっぱなしにしておいてしまうので、電源ボタンに触れることが殆どなく、気にならないということもあります。

・色ムラはあるか
 画像編集などの繊細な作業をしていないので、正確なことは言えないですが、普通に使っている分には全く気にならない、色ムラなどないと断言できます。

・発色が鮮やかすぎる?
 これについても良く聞く意見ですが、私は何の調整もせずに使っていて、不都合を感じたことはありません。数時間に渡ってゲームをしていても、目がチカチカするということも、今のところないです。

まとめ

 というわけで、この「PHILIPS AH-IPSパネル採用ワイドディスプレイ」、私としては超オススメです。
 迷っている方は、買って後悔はしないと思います。


 

あなたは自分の強みを5つ言えますか?

もし、あなたが仕事のことや人間関係で悩んでいたり、自分が何に向いているのか知りたいと思っていたりするなら、「MIIDAS(ミーダス)」で無料診断を受けてみることをおすすめします。
MIIDAS(ミーダス)とはその名の通り「見出す」。
つまり、あなたの強みを広範なデータによる精緻な分析によって見出してくれるサービスなわけです。
「ミーダス」「見出す」ダジャレですかそうですか。

自分のことなんて自分が一番わからないもの。
自分を客観視して冷静に考えるためにも、第三者によるこういった分析は非常に有用であると私は考えます。

公式サイト:
市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Hayabusa より:

    miyaomyao様
    昨日、ノートの外部表示装置として使っていた液晶が突然表示しなくなり、別のPCに接続してもNGなので適当なものを捜していたところでした。納得のいく詳細な説明、ありがとうございました。NTT-Xstoreで購入することにしました。助かりました!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です